Warning: Undefined variable $site_data in /home/fanfare/buddy-training.com/public_html/wp-content/themes/thegym/header.php on line 49

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/fanfare/buddy-training.com/public_html/wp-content/themes/thegym/header.php on line 49
【note全文掲載】東大院卒ガリ勉が「筋肉」にめざめ、ふんどし起業してジム作った話 | 恵比寿・本郷のセミパーソナルジム「バディトレ」
LINEで簡単予約|無料体験はこちら LINEで簡単予約|無料体験はこちら

【note全文掲載】東大院卒ガリ勉が「筋肉」にめざめ、ふんどし起業してジム作った話

これは、時代が時代なら「プロゲーマー」目指せるぐらいゲームが大好きで、体育の授業が大嫌いだったインドア派の子が、筋肉と出会い筋肉を学び、そして世界に筋肉を伝えるためジムを作り、はてや起業して筋肉スタートアップしてしまった話である。パワー!

ふんどしのパワーをたっぷり感じてください。(余談:これ実は雪山で撮ってます)
ふんどしのパワーをたっぷり感じてください。(余談:これ実は雪山で撮ってます)
渋谷にて。通報はされていません
渋谷にて。通報はされていません

とっさに「変質者か?!」と思ってそっとnote閉じようとしたあなた、ちょっと待ってください。指導中はちゃんと履いてます服を着ています。

今や毎日、どんな会話でも「筋肉」トピックに持っていけるぐらい筋肉を愛し、休日も世界一過酷といわれるスパルタンレースに参加したりと運動しまくり、東京の恵比寿・広尾にあるジムを経営し会員のみなさまの筋肉を鍛え、来月に念願の2店舗目を出すぐらい「筋肉」に満ち足りた生活を送っています。

でも子供時代は、まったく筋肉と関係ない、パワーが足りない生活をおくっていました。事業家として2店舗目を用意する中、大きなチャレンジと転換点を迎えてきているので、あらためて過去を振り返り、己の筋肉と対話してなぜ自分がジムをやるに至ったか、このnoteで一度大胸筋に手をあてて考えて見ようと思います。

筋肉が足りなかった子供時代

ちいさいころの私は運動が嫌いで、ひたすら勉強とゲームに没頭する、典型的なガリ勉オタクでした。小学校入学前にゲームボーイと出会い、毎日10時間はやりこむレベルで熱中。コントローラーを手にすると、時間を忘れ、いつまでもゲームに没頭していました。筋肉なんて知らなかったし。

当時のオタク度合いがわかるエピソードとして、スーファミ、N64のコントローラーを分解して修理する、みたいなことまでやってました。シンプルな電子機器は、分解すると中の構造がわかるので楽しいんですよね。もし僕が令和の少年だったら、eスポーツのプロプレーヤーになれていたんじゃないかってくらいゲームに入れ込んでいました。

そしてゲームに熱中している間にはじまった小学校では、ゲーム感覚で問題に正解できるのが楽しく、当時通っていた公文から何回か表彰もされるぐらい勉強にものめりこみ、ひたっすらゲームと勉強の日々でした。ふりかえると、テストの点数をRPG的に稼ぐことが好きだったのだと思います。

しかしそれは、ある意味で逃避の場でもありました。よく学園モノの漫画であるように、スクールカーストでは「スポーツができるイケメン」が一番強いわけで、運動できない自分がコンプレックスでした。

当時は筋肉がなかったため運動が苦手で、体育の授業はいつも憂鬱でした。その反動で、家ではゲームや勉強に熱中し、自己価値を見出していました。勉強では成果を出せる一方で、スポーツでは挫折を味わいます。

この後、学問やゲームのようになにかを攻略することの熱が、筋肉への愛情になり、私の自己認識と自尊心を形成することになります。

================

続きはnoteにて!是非ご覧ください!

https://note.com/daito2001/n/ne244f650e4dc?from=notice
https://note.com/daito2001/n/ne244f650e4dc?from=notice

執筆者:buddy2022