糖質オフ飲料でダイエット中の甘いものへの欲求を見たそう!

こんにちは!

渋谷にあるチームパーソナルトレーニングジムのバディトレです。

 

今話題となっているのが糖質制限ダイエット

 

あらゆる食べ物に糖質は含まれていますから完全にシャットアウトすることはできませんし、

脂質・タンパク質と合わせて三大栄養素の一つである糖質を食べなくなったら体調に大きく影響してきます。

 

手軽なのはご飯やパン・麺といった主食を制限すること。

それによってインスリン分泌量も減り、太りにくい体作りができるはずです。

 

 

糖質制限ダイエットを行っている以上は主食を減らすだけでなくおかずにもこだわっているはず。

 

そんな中、忘れてしまいがちなのが飲み物の糖質。

 

甘いジュースやビールがNGなのは知られていても、

意外と大丈夫そうな野菜ジュースや牛乳・スポーツドリンク・調整豆乳などにたっぷり入っていたりするので注意してください。

 

だからといって甘いもの抜き・お酒も飲めないとなるとストレスがたまってしまいそう。

 

でも実は、

甘くて美味しいドリンクでも糖質制限ダイエット中に飲んでも大丈夫なものはあるのです。

 

たとえば豆乳でも無調整のものなら利用できます。

そのまま飲むのには抵抗があるなら、コーヒーのミルク代わりに・スープ作りに牛乳の代用品として利用してください。

ブラックコーヒーやお茶・無糖の紅茶などは大丈夫です。

 

糖質制限ダイエット中とはいえ甘いものが飲みたいというのであれば、

 

ゼロカロリーや糖質オフと書かれてある商品を探し出してください。

コーラやビールなどさまざまな商品で糖質制限のものは出てきています。

 

 

そうは言っても、

糖質ゼロをうたっている商品であっても実は食品100g当たり0.5g未満という基準値を満たしているのにすぎない場合もあり、本当にまったく含まれていないわけでもありません。

 

糖質ゼロの商品だからとがぶ飲みするのはやめましょう。

 

あくまでストレスを溜めないための材料としてたまに飲む程度で十分です。

特定保健用食品・トクホの飲み物や、

機能性表示食品の飲み物のように有効性・安全性に関して基準をクリアした商品もおすすめです。

活用してみましょう。

 

 

ストレスはダイエットの敵です。

 

とにかくどれもこれも制限し、きっちり決めてしまうとストレスは溜まる一方です。

 

ときには糖質オフ飲料も活用しながらゆるく長く頑張りましょう。

その日食べ過ぎてしまったら、次の日に量を減らすなど長い眼で見て調整すればよいのです。

 

今は糖質オフの商品がさまざま出回っており、続けやすい環境が整っているのでとっても便利です。