ダイエットをする前に必ず知っておきたい栄養素のこと/炭水化物(糖質)

こんにちは!

渋谷にあるチームパーソナルトレーニングジムのバディトレです。

 

糖質制限ダイエットは炭水化物をできるだけ食べないようにするという方法です。

 

 

意識して糖質制限を行ったらすぐに体重が落ちたという人もいるでしょう。

 

しかし、本当に炭水化物を食べないようにすることで体への問題はないのかなどが気になっている人もいるかもしれません。

 

 

炭水化物は良くないのか

 

人気の糖質制限ダイエットでは、

ご飯やパン、麺類などの主食を食べないようにすることがポイントです。

 

ちなみに、主食の摂取は控えてもそれ以外の制限などは特にありませんし、

好きなものを好きなように食べることができます。

もちろんダイエットを考えているなら食べ過ぎは良くありません。

 

 

この方法なら面倒なカロリー計算は必要ありませんし、単純に糖質を制限するだけなので簡単に行うことができるでしょう。

 

 

しかし、

炭水化物というのは糖質と食物繊維の総称を指しており、

ご飯やパンだけではなく、お菓子やケーキ、果物などといった糖質を摂取する時にも注意が必要です。

 

 

 

 

糖質制限ダイエットのポイント

 

 

糖質制限ダイエットのメリットとしては

まず、血糖値をコントロールできるようになるということが挙げられます。

 

炭水化物は人間が生きていくのに欠かせない栄養素の一つなのですが、

血糖値を大きく上昇させてしまうため、過剰摂取するとインスリンの分泌によって脂肪が溜まりやすくなります。

 

炭水化物を制限すれば血糖値の上昇が穏やかになりますし、

血糖値をコントロールしやすくなって肥満の予防になるでしょう。

 

また、炭水化物を制限すると体は溜まっている脂肪を燃やしてエネルギーに変換するため、ダイエット効果があるということです。

 

ご飯やパンなどは摂取するカロリーの大部分を占めているため、

それらを減らすことで摂取カロリーを大幅にカットすることができますし、効率よくダイエットできるでしょう。

 

 

糖質制限ダイエットは栄養素のうちの糖質を制限するという方法なのですが、

一般的には1日1食だけ炭水化物を抜く方法とされています。

 

1日1回だけ気を付ければ後は好きなものを食べることができますし、空腹を我慢することなく続けやすいというメリットがあります。

 

肉や魚などは問題なく食べることができますし、ストレスを感じてしまうことはないでしょう。

 

 

しかし、

初めてすぐに体重が減少するというわけではないため、数ヶ月は続けてみることが大切です。

 

 

もともとご飯やパンよりもおかずが好きな人にとっては続けやすいダイエット方法と言えますし、

1ヶ月に5~6kg痩せたという人もいます。

 

また、ダイエット効果を高めたいという場合、運動なども同時に行うのがおすすめです。