そもそも糖質制限って身体に良いの?メリットとデメリット

こんにちは、渋谷にあるパーソナルトレーニングジムのバディトレです。

 

糖質制限って言葉を良く聞いたことがあると思いますが、実際に糖質制限は体に良いのでしょうか?メリットとデメリットについてお話しします。

 

モデルやボクシング選手にとって、食事コントロールは、非常に重要です。

その中で、糖質制限は体型を維持するために多くの人が活用している食事方法です。

炭水化物を抜いたりご飯を残したりする事で、ダイエットに成功しやすいと話題になっていますが、本当に効果があるのかと一度は疑ったことがあるのではないでしょうか。

炭水化物は脳を活性化させるには効果的ですが、食べ過ぎると糖尿病になったり、中性脂肪が増えたりとさまざまな悪循環をもたらします。

だからと言って炭水化物を取らずに脂っこい肉類に集中するのも良くないため、正しい糖質制限の仕方を知っておく必要があります。

今回は糖質制限をする際のメリットとデメリットを具体的に説明していきたいと思います。

糖質制限のメリットとは?

糖質制限をすることで多くのメリットがあります。

それは中性脂肪がつきにくく、ダイエットに成功しやすいということです。

体脂肪は脂っこい食べ物によって蓄積されると思われがちですが、ほとんどは糖質の過剰摂取が原因とされています。

人間が生活していく上で糖質は重要なエネルギー源になりますが、髪の毛や血液、そしてスポーツ選手に必要な筋肉などはすべてタンパク質から作られるのです。つまり、必要最低限のカロリーを摂取していれば、糖質はほとんど必要ないのです。

よって肉類に偏った食生活は少し不安を感じるかと思いますが、ダイエットは成功しやすくなります。

糖質制限のデメリット

しかし糖質制限を極端に徹底しすぎてしまうと、糖度が脳に送られずに大脳が活性化しないとも言われています。例えば美容にも健康にも良くないと言われているチョコレートはたくさんの糖質を含んでいます。

テスト前にチョコを一口食べる事で脳が素早く起動して、良い結果が出るという研究結果も出ています。よって、炭水化物を一日に一度も口にしない生活はあまり健康的とは言えません。

まとめ

このように、糖質制限をすることでダイエットに成功しやすい体を作り上げてくれるのは間違いないでしょう。体を引き締めないといけない職業である人は、毎日努力しています。炭水化物を減らすことで中性脂肪が蓄積されにくくなるため、人間に一番必要と言われているタンパク質をなるべく取るようにすることでメリットが生まれます。しかし極度な糖質制限は脳が正常に起動しないこともあり、生活に支障をきたす恐れがあるのが唯一のデメリットです。一日に一度は糖質をとるようにして、くれぐれもカロリーが不足しないように心がけるのが大事です。