ダイエット中って実際何を食べたらいいのかわからない方へ ~糖質制限の基本ルール

こんにちは!

渋谷にあるパーソナルトレーニングジムのバディトレです。

今日は、糖質制限ダイエットの基本的なルールをお伝えします。

 

糖質はエネルギー補給として必要不可欠な栄養素ですが、高カロリーで太りやすいという側面もあります。

糖質を過剰に摂取してしまうとすぐにカロリーオーバーとなってしまい太りやすくなってしまいます。太りやすくなるだけではなく、血糖値の上昇による糖尿病のリスクも高めてしまうという問題も生じます。

そこで役立つのが糖質制限ダイエットです。食事における糖質を制限することで摂取カロリーを減らし、効果的かつ効率的に体重や体脂肪率を落とすというダイエット方法です。

短期間で痩せたい、効率的に摂取カロリーを減らしたい、体質を改善させたい、血糖値を低下させたいという人におすすめです。

 

糖質制限ダイエットの基本的なルールを知る

糖質制限ダイエットは、文字通り糖質を制限するというものですので、甘いもの、ごはんや麺類やパンなどの炭水化物、イモ類などの糖質をたくさん含む食べ物を控えて低糖質の食べ物を積極的に食べるということが基本となります。

一気に大量に食べると血糖値が急激に上昇してしまいますので、少しずつこまめに食事をとるということも糖質制限ダイエットにおいて重要なポイントとなります。

食事における食べる順番にも気をつける必要があります。

食物繊維には糖質の吸収を抑えるという働きがあることから、最初に野菜や海藻類や大豆製品など、食物繊維が含まれている食べ物を先に食べておくことで、食事の血糖値の急激な上昇を防ぐ効果が期待できます。

糖質制限ダイエット中に積極的に食べるべきもの

糖質制限ダイエット中に何を食べたらいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

積極的に食べるべきものは、低糖質なものとタンパク質が豊富に含まれているものです。

タンパク質は筋肉の材料となります。

筋トレにプラスして積極的に摂取することで筋肉を効率的に増やして基礎代謝量をアップさせることができるのでダイエットに大きく役立てることができます。

糖質制限ダイエット中におすすめの食べ物としては、

大豆製品、卵、ナッツ類、チーズ、レバー、鶏肉、豚肉、牛肉、魚介類、海藻類、キノコ類、野菜などがあります。積極的に食事メニューに取り入れましょう。

 

最後に

糖質制限ダイエットはルールやコツをつかめば誰でも簡単に行うことができます。低糖質の食べ物はたくさんありますので栄養バランスを意識しながら食事メニューを考えましょう。

食後の運動や筋トレを組み合わせることでさらにその効果はアップします。糖質制限と運動で理想的なボディラインを目指しましょう。