実際無理じゃない??糖質制限ダイエット中の外食のコツ

 

こんにちは!

渋谷にあるチームパーソナルトレーニングジムのバディトレです。

今回は糖質制限中の外食のコツをお伝えします。

 

これまでの食べる量を我慢する方法でも、カロリー計算を行う方法でもない、

新しいダイエット方法として人気を集めているのが、糖質制限ダイエットです。

 

糖質制限ダイエットでは、いかにして糖質の摂取量を減らすのかということがポイントとなります。

糖質制限ダイエットを行っているからと言って、人との付き合いもありますし、外食をゼロにするということはなかなか難しいものです。

 

そこで、糖質制限ダイエット中の外食のコツについて紹介します。

 

まず、自分で店を選ぶことが出来るという場合には、丼物や定食が主体となっているようなお店は避けるようにしましょう。

これらのお店のメニューには、もれなく糖質が多く含まれる主食が多く含まれているため、糖質制限中は何も食べられるものがない可能性もあります。

 

外食をするお店を選ぶという場合には、単品メニューが豊富に用意されているところを選ぶようにしましょう。

居酒屋やファミレスなど、手頃な価格で自分の好きなものを注文することが出来るお店がベストです。

 

そして、注文をするメニューにも工夫が必要です。

 

注文をするものとしては、タンパク質が豊富に含まれる肉類・魚介類・野菜を中心にしましょう。

ただし、これらの食材であっても、使用される調味料によっては糖質が高くになってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

また、味の濃いものは、主食が食べたくなる傾向にあるため、あっさりとした味付けのものを選ぶようにしましょう。

 

外食は、食事を楽しむということを目的としている事もあれば、お酒を楽しむということが中心の場合もあります。

お酒にも糖質は含まれています。

糖質制限中は、ビールや日本酒、紹興酒、カクテルなどの糖質が多く含まれているものには手を出さないようにしましょう。

 

ただし、最近はこれらの酒類でも糖質が制限されているものもありますので、お酒を飲みたいという場合には、そのような製品を選ぶようにしましょう。

 

ファミレスでは、以前はおかずとご飯がセットになっているメニューが多かったのですが、最近ではおかずのみを選択することが出来るメニューも用意されています。

 

ファミレスでメニューを選ぶ時には、おかずのみの単品メニューを選ぶとともに、ご飯などの主食の代わりにサラダなどを食べるようにしましょう。

ファミレスでは、サラダバーなど手頃な価格でたくさんの野菜を食べることが出来るメニューも用意されています。

単品メニューでも、じゃがいもや人参、とうもろこしなど、糖質の高い付け合せは避けるようにしましょう。

サラダを食べる時には、オイルを中心としたドレッシングを選びましょう。

カロリーの低いドレッシングは、糖質が高い傾向がありますので、注意が必要です。

 

飲み物は、お茶やコーヒー、紅茶などを選び、砂糖は入れないようにしましょう。